お掃除ロボット「ルンバ」のおすすめ機種は?

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「お掃除ロボット「ルンバ」のおすすめ機種は?」です。




お掃除をより効率良くする為に

どうせ掃除をするのでしたらこう考えますよね。

同じ労力を使うなら少しでもと考えるのが普通ですね。

やはり私もこれについては試行錯誤の繰り返しでした。

掃除をしている最中にひらめいては試しての連続でした。

どうすればほこりや汚れを一層除去出来るのか。

各箇所を綺麗に磨きあげる事が出来るのか。

洗剤1つにしても考えていたものです。

換気扇のフィルターや窓、鏡、トイレにしても何種類か試したものです。

掃き方や拭き方も色々考えながら実践していました。

まあ、これは初心者から上級者までレベルに関係ありません。

永遠の課題なのでしょう。

何しろ毎日生活をする空間の問題です。

大切な事ですよね。

快適な空間で過ごしたいのは本能ですから。

CMでもお馴染みのルンバ。

この選択肢も当たり前の流れと言えるでしょう。

ロボットは既にこんなに身近

ロボットと言いますとアンドロイド型のものをイメージしますよね。

飲み物を運んだり、人間と会話をしたり不審者を見つけるとサイレンを鳴らしながら追いかけたりというものはもうお馴染みですね。

他にも多彩な機能を兼ね備えたロボットが次から次へと開発中なのは周知の事実です。

これから更に身近な存在になるのは間違いありません。

面白いものですね。

玩具用から始まり家庭用品として益々発展を遂げているのですから。

時代の流れ、進歩は目を見張らずにはいられません。

ルンバはアンドロイド型ではありませんが立派に掃除をこなしてくれる有能なロボットです。

掃除ロボットとして益々普及する現在。

これから購入を検討している家庭でも現在も使用していてそろそろ買い替えようと思案している家庭にとっても関心は深まるばかりです。

これを上手に使いこなせば毎日の掃除はかなり楽になるのは目に見えています。

掃除がはかどるのでしたら何でもありです。

ルンバにはカリスマ性がある

何と言いましてもカリスマ性があります。

「お掃除ロボット」と聞くとまず第一に思い浮かぶと思います。

掃除に関心がある方は言うまでもなく関心ない方でも最初に思い付くのではないでしょうか。

電化製品売り場の店頭でもやたら目立っています。

また検索してもランキングを見れば一目瞭然です。

これが発売されてから他メーカーが争うように新製品を世に出しました。

当然ルンバよりすぐ優れた性能を持つ商品もあるかも知れません。

価格的にもお手頃なものもあるでしょう。

トータル的に考えて何が何でもルンバが1番と断言するのは早計という考えも否定出来ません。

何しろこの時代の流れです。

他メーカーが指をくわえて見ている程悠長な訳がないと思います。

市場を独占したいのは皆同じですから。

消費者とて

「もしかしたらルンバを上回る商品があるのでは」

「案外これ以上のものも見つかるかも」

「掘り出し物もあると思うけど」

と考えています。

けどこの業界、現時点ではそうそう見つかる事はないのが現状です。

そうです。

やはりルンバにはカリスマ性があるのです。

おすすめの販売店は

デパートやホームセンター、専門店、量販店でも販売されていますしわざわざ店頭に出向かなくても検索すれば色々探す事が出来ます。

どうしても店頭でとこだわる方は沢山いらっしゃいます。

どちらかと言いますと私もそうです。

低価格の物ならともかくやはりこのレベルですと実際にお店で販売されている品を見てから選びたいタイプです。

勿論、店舗に在庫が無い場合は仕方がありませんけれど極力実物を見て吟味したい考えです。

まして毎日生活で使用する商品です。

尚更の事です。

買う手順としては検索していくつかの品をピックアップしてお店に在庫があるかを問い合わせてから店舗に向かうのがベストです。

こうなればデパートだろうが量販店であろうが一切問題はありません。

おすすめの販売店といった定義はないでしょう。

購入した際のポイント付与など特典さえ自分にとって最良の条件の所で買えばいい訳です!

機種選びのポイント

機種・・・。

これは私もよく聞かれるんですね。

「やはり最新型のがいいのかな」

「どう選んだらいいのか迷うんだけど」

との質問はよく受けます。

販売店ではどうでしょうか。

店頭で販売スタッフの方に聞いてもこれはなかなか卒直には答えてくれません。

最新型の商品の宣伝文句しか言って来ないのが普通です。

掘り出し物とかは勿論、以前の優れものの製品についても言おうとはしませんしこちらが何とか聞き出そうとしても上手に話をはぐらかられてしまう場合がほとんどです。

ではメーカーに電話やメールで問い合わせた場合はどうでしょうか。

販売店スタッフよりはこちらが期待している答えが返って来そうに思いますよね。

ところがこれも結局は同じで最新型モデルの売り込みに終始し、挙句の果てにはカタログの送付をするからと住所を聞かれて終わりです。

やはり販売側からしますとそれしか答えようがないのでしょう。

けど逆に言えばその最新型というのがポイントなのではないでしょうか。

ですからこれも前述の販売店同様、おすすめの機種という定義も曖昧とも言えなくもないですし漠然としているとも言えますね。

常に進化を遂げているこの商品ですから何代も前のをさかのぼって探し出すよりは最新作で予算と合わせて選ぶのがベストです。

充電について

充電に関しては購入時に付いている取り扱い説明書をよく読んでその通りにしていれば問題はない・・・なんて答えていたら私の名がすたります(笑)。

では何を注意すればいいのでしょうか。

それは充電器もほこりがかぶらないように常に心掛けます。

あなたもコンビニやスーパー、飲食店等のトイレを利用した時見てください。

掃除用具入れがほこりがたまったままであるお店が多いものです。

一般家庭でもそうですね。ゴミはきちんと処理していてもゴミ箱は汚いままだったり。

「何でまたそんなのがルンバの充電と関係あんの?」

「ここまで話が飛ぶのかな」

と思いましたか?

一事が万事です。

要するにこれらの黒子的存在の物もそこまで行き届かなくては片手落ちになってしまいます。

せっかくルンバを購入したのなら付随品も綺麗に保つべきですね。

気になる口コミ

ところで気になる口コミ。

昔から言われる様に「出る杭は打たれる」です。

ここまでの商品となれば実に様々な評価がありますね。

ネットユーザーならもう既に色々と検索しているでしょう。

私も色々と検索して世の中からどれ程の評価を受けているか調べてみました。

やはり高い評価を得ています。

概ね評判はいいですね!

実際に使用している方も

「これには助かっている」

「掃除が嫌いな自分もこれで準備万端」

「お陰で家事がだいぶ楽に進むようになった」

といった声ばかりでこれを悪く言う例を知りません。

それとネット上には中傷する様なコメントも散見されますがこういうものは嫌がらせや或いは同業他社が貶めたいが為に意図的に辛辣なコメを書き込む場合もありますので鵜呑みにするのはいかがなものでしょう。

この手の書き込みは付きものと言えば付きものです。

惑わされる必要はありません。

さて効果は

ここが1番気になりますよね。

先に結論を言いましょう。

効果絶大ですので何ら心配はありません。

床はこれで綺麗に磨き上がります。

この床部分ですが掃除をするべき箇所でも最大のテーマではないかと思います。

まっ先に関心が寄せられる部分です。

そもそもルンバを購入する以上掃除には関心がある方々です。

ですのでもう1つの効果があります。

それは

「床の掃除はこれで大丈夫。では他の箇所も・・・。」

と考える例が非常に多いんですね。

これを機に今までほこりがたまっていても気にならなかったり放置していた所の掃除の実践が習慣になる家庭も多いですからもはや副産物と言えますね。

この商品が話題を呼んだ背景には性能だけでなくそういったオマケまで付いて来るからだと思います。

副産物が後押ししたのも大きな要因なのでしょう。

年々改良されるこの逸品。

益々消費者に喜ばれるのは必至です。

2018年もルンバに期待

さてさて2018年とは言わず今後も大いに期待出来るアイテムです。

何しろ日進月歩。

世の中はこの商品と必要としています。

次々と改良されていますので5年後、10年後はどう進化しているのか見当もつかない程ですね。

予想出来ない位に進歩しているのかと考えただけでワクワクします。

その頃は現在より更に掃除への関心だけでなく需要も高まっている筈です。

制作したメーカーも次々と消費者に応えるべく市場を開拓しますので世の中そのものが輝かしい未来に向かっていると言えます。

ルンバの性能の向上、普及に伴い多くの家庭が喜び、助かっています。

世のニーズに応えているのが最大の強みでありもっと深く言えば自然の摂理なのでしょうね。

賞賛に価するものは高みへ向かうのみです。

これから初めて買う方も既にお持ちで買い替えを考えている方も安心して利用出来る素晴らしい商品です。

これを所有していればもっと掃除に対する意欲が高まるのは確実です。

という訳で今回のテーマは「お掃除ロボット「ルンバ」のおすすめ機種は?」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です