ちゃぶ台を掃除する方法について

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマ「ちゃぶ台を掃除する方法について」です。




ちゃぶ台の掃除は

結論から言いますと全体です。

天板だけではありません。

早速手順からお話していきます。

➀上に置いてあるものを移動する

一旦床なり他の場所へ移します。

丸ごと綺麗にするのですから当たり前ですね。

ここもどかす事から始めます。

➁天板を拭く

これは日頃同様で。

ご想像の通りちゃぶ台は比較的楽に進められます。

水拭き、除菌用アルコールです。

ハンディモップはかけるに越した事はありませんがまあここまでは。

➂ひっくり返して脚、台の裏側も

ここも上記の要領です。

つまり丸ごとです。

案外と汚れが付いている部分でもありますから入念に。

ここまでは気が回らなかったと答えるご家庭が多い中でここに着目出来たのは得をしたと言えますね!

ちゃぶ台もここまで改善する余地があるのがご理解頂けたと思います。

この一連の流れを終えましたらカラ拭きです。

自然乾燥でもいいのではなんて考えないでここまで来たのです。

それにしてもちゃぶ台とはこれまたマニアックかも知れませんがここまで凝るのも面白みがあるのではないでしょうか。

掃除の世界の奥の深さに触れる事が出来る訳ですから!

掃除は丸ごと

ここまでお読みくださったあなたがお気付きのように要は全体的にという事です。

丸ごと出来るものは何でもそうしたほうがいいです!

徹底しますと充実感も格別というもの。

それと雑巾、ハンディモップ、ウエットティッシュなど原始的とも思えるでしょうがこれらが如何に役立つかも実感出来ましたよね。

その通りです。

毎日の事ですから常に気配りを忘れずにいれば更に快適な空間を自分で築けます。

これで食事やお茶を飲むにしても今まで以上に落ち着いた気分になれるのは確実です。

頻度は?

天板は勿論毎日です。

これは言うまでもないでしょう。

全体は2週間に1度のペースで。

これなら常に清潔感を保てますので。

材質によっては傷が付きやすいのでソフトな感じでゆっくりと。

そもそもここまで凝るのもまたやり甲斐があるではありませんか!

放っておいたままのケースが多い中で実行するのは張り合いがあるというもの。

ここまで気付いたのですからしない手はありません。

ましてやお茶だけでなく食事もする大切な物です。

座敷に6席ほどのちゃぶ台を置いてある天ぷら料理店のママさんによりますと全体は週1のペースだとか。

これですと掃除が行き届いている印象をお客様に与えられるらしいですね。

まあ、料理を提供するお店が週に1度なら一般家庭なら2週に1回もすれば上出来ではないでしょうか。

どの道やり過ぎて損をする事はないどころか更に綺麗にしたいという意欲も湧くのですから。

余計な物は置かない

やはりちゃぶ台らしく使いたいものです。

他にテーブルがあるからとこの上に余計な物を置いたままのご家庭も見て来ました。

書籍や文具、雑貨などで天板が埋め尽くされているのを目の当たりにした時は何て惜しい事をするのだろうと感じましたね。

まあ、花瓶が1つ程度ならいいですがやはり本来の用途にというのが基本だと思います。

また脚立代わりにしている例も。

不衛生です。

「それなら使用後に掃除すればいいじゃない?」

と本人は感じているのでしょうけど仮にもちゃぶ台ですからそういう考えは捨てましょう。

もう今日から綺麗なちゃぶ台で良い気分です。

簡単に続けられるノウハウだというのがお分かり頂けた筈ですので継続して今まで以上にいい気分でお使いください!

という訳で今回のテーマは「ちゃぶ台を掃除する方法について」でした。