トイレ掃除は素手でしたほうがいいの?それともゴム手袋着用?

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「トイレ掃除は素手でしたほうがいいの?それともゴム手袋着用?」です。




トイレ掃除をするなら素手?それともゴム手袋で?

トイレ掃除を素手ですれば

「謙虚な心になれる」

「より人間が練れるようになる」

「そのほうがご利益がある」

などのセリフはお馴染みですよね。

あなたもこれらの文言は聞いた事があると思います。

ですが現実主義者の私からすれば別にこれらの事は特に望んではいません。

そりゃあるにあるに越した事はないですけどそれより綺麗になりさえすればいい事ですから!

基本的には素手でします。

私はトイレ掃除をする際にゴム手袋を着用した事はありません。

そのほうが堪が冴えるからです!

人間が練れるかどうかは関係ないと思っています。

ここの掃除をする事自体が謙虚な姿勢ですので!

ですからご利益とかにこだわる必要はないんですね。

トイレを快適に使用出来るのが最大のご褒美なのですから。

・・・どうでしょう。

現実主義者の私らしいですね(笑)。

実際はこんなものです。

勿論考え方は人それぞれですから素手ですれば人間性を磨けると信じていらっしゃる人はそれでいいでしょう。

そのほうがモチベーションが高まるなら素晴らしいです。

どちらにしても結果が全て

かと言いましてゴム手袋の着用を否定しませんしそのほうがはかどるとお答えの人はそのままでいいのではないでしょうか。

行き届けばいいだけの話ですからそもそも論じるまでもないですね。

体質によっては洗剤に触れるのがNGという場合もありますから。

それに長年の習慣を無理に変えて堪が鈍りがちになってしまったでは元も子もありません。

またどうしても素手でするのに抵抗があるのに無理にしてトイレ掃除の敷居をわざわざ自分から高くする必要もないです。

要は勝てば官軍という事なんですね!

結果が良ければ何でもありではないでしょうか。

今後は

ではまとめです。

素手のほうが感覚がつかみやすいです。

かと言って薬品アレルギーなどの問題があるならゴム手袋着用で。

徹底出来ればどちらがいいなんてこだわる必要はないです。

今後も進めやすい方法で。

どちらにせよトイレ掃除を終えたら手洗いは入念に!

ちなみに私は石鹸で三度洗います。

また従来より薄めのゴム手袋も次々と開発されますから新たな選択肢として受け止めてみるのも一つの手です。

人によっては手応えがある場合も期待出来るのではないでしょうか。

こういうところにも工夫の余地がありますね。

という訳で今回のテーマは「トイレ掃除は素手でしたほうがいいの?それともゴム手袋着用?」でした。