ハウスクリーニングにかかる費用の相場と東京で人気の業者はどこ?

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「ハウスクリーニングにかかる費用の相場と東京で人気の業者はどこ?」です。




最後の砦!ハウスクリーニング!

「太刀打ち出来ない」

「技術的に無理」

「時間がない」

等々、依頼するケースは様々です。

理由は沢山あれど業者に依頼するのは結局、手に負えないからですよね?

ゴミ屋敷かもしくはこれに近い状態、ここまででなくてもどこから手を付けていいか分からないレベル。

とても自分では対応し切れない頑固な汚れ。

またエアコン、レンジフードの本体。

これら2ヶ所のフィルターは自分でも出来ますけど本体は無理です。

こういう時に助かるのが最後の砦「ハウスクリーニング」です。

掃除で困り果てて事態が解決出来た時。

スタッフさんの事がヒーローに見えるでしょう(笑)。

今まで自分でどんなに一所懸命取りかかっていてもまるで進行しない状況。先が見えずにどんどん精神的に追い詰められてきます。

断念するべきか迷う事もあるでしょう。

けれどここで中断すれば後悔するのは目に見えています。

分かってはいても人間ですからなかなか先に進めないと諦めの気持ちも大きくなってしまいますよね?

再度言いますがエアコン、レンジフードの本体は絶対に業者さんに依頼するべきです。

たまに自分で分解して始める方がいますが成功した試しがありません。

故障してしまう原因を自ら招いたでははるかに高くつきます。

他の箇所にしてもどうしても対処出来ないからと悩む必要はありません。

気分が晴れないまま毎日を過ごす事はないです。

業者のハウスクリーニングは、間違いなく最後の砦になりますよ!

気になる費用は?

実は金額はすぐには分かりません。

メールや電話で問い合わせても業者さんは具体的な額をその場で答える事はほとんどありません。

汚れの度合い、素材、面積、間口などで変動します。

料金表を見てもあれはあくまでも目安程度と考えるべきでしょう。

ですので見積もりの際は納得がいくまで話をまとめませんと後々トラブルに発展しかねません!

いくら綺麗になった後でもこれでは後味が悪いですよね。

せっかく仕上がったのにこういう事では気分が台無しです。

料金表だけ見てこれだけ用意すればいいんだなどと考えるのは早計です。

今どきの見積もりです。

不当請求。

つまりボッタクリまがいなんて話はまずありません。

ですから余計な事を聞くと何かどうでもいいようなオプションを付けられるのではないかなんて不安がらなくていいのです。

勿論、相手は営業担当です。

有料オプションの話を向けられる事もあればセット料金を勧められる場合もあるかも知れません。

ですがこちらが承諾しない限り強引にという例はないですので心配ありません。

またキャンペーン期間中などに利用すれば通常より値が割り引かれるのでこういう時期を狙うのもいいでしょう。

年末の繁忙期より11月にという考えも大いに結構です。

12月にお願いしたい気持ちが強いと思いますが前倒しにもなるという解釈も成り立ちますし料金も抑えられますので何かと得な気分になるのは間違いありませんよね。

ちなみに相場というと?

「思っていたより安くあがった」

「まあこんなものか」

「意外と高くついた」

「ここまでかかるとは想定外だった」

と利用者も様々です。

まあこれは個人の主観の問題でもありますので色々ですね。

繁忙期とキャンペーン期間中では料金も違いますし各家庭の予算の関係もありますから実に多くのとらえ方があると思います。

現在は新規参入も相次いでいますのでひと昔前より大きく変動しました。

もう相場は一概には言えませんね。

それとセット料金。

つまり浴室+キッチンとか窓+玄関という感じですね。

これですと割安になります。

これもやはり業者によりだいぶだいぶちがいます。

この点も見積もり前の問い合わせの時点で説明があると思います。

ですが問い合わせの時に急いで決める必要はありません。

見積もりの際でもいいですし自分で何とかというレベルなら無理してセットでお願いしなくてもいいでしょう。

東京では実に多くの選択肢が!

全国にも多くのハウスクリーニング業者さんがありますが東京都内は更に。

社歴、実績を誇る大御所から発足間もないものの順調に業績を伸ばしている所まで。

この業界は新規参入のハードルも低い為、尚更なのですね。

ハウスクリーニング業界が注目されたのも自然の流れと言えます!

加盟店募集の広告は日常よく見かけますし企業が新たにこの部門を創設した例はいくらでもあります。個人でも始めやすいビジネスですからそれこそ競合は激しいです。

やはり東京に集中するのは当然でしょう。

セールストークも千差万別です。

これだけライバルがいれば必死です。客側からすれば目移りするほどですね。

選択肢がこれだけあるのですから。

料金が大きなポイントなのは業者側も熟知していますのでここはやはり力説します。

と同時に働く人の腕も年々変化しています。

とりわけ東京ではにわか業者的な所はすぐ淘汰されます。

やはり熟練したスタッフが必要とされているんですね。

生き残りを賭けて腕前を向上させている訳ですから消費者としては安心出来ます。

人気のある箇所

これはもう間違いなく「エアコン」です。

ダントツです。

次いで「レンジフード」です。

この2ヶ所は素人では到底無理です。

分解洗浄はプロしか対応不可能です。

その次に「浴室」です。

ここも状況次第で家庭ではお手上げですから。

まあ他にもいくらでもありますが上記の3ヶ所が業者側の売り上げの大半を占めています。

セット料金で数か所を同時に依頼されるにしてもやはりこの3ヶ所が大きいんですね。

まあ、あなたもこれは何となく想像出来たのではないでしょうか。

鋭いあなたが察した通りでしたね。

この3点しか業者に依頼しない家庭も多数ですが逆に言えばこれらは頼まれやすい部分なのです。

「トイレ」も人気があります。

これも何となくお分かりだったと思います。

頑固な汚れが付着しますと一般家庭ではなかなかしにくいですからね。

私も友人宅の掃除をよく頼まれますがやはりここはとても喜んでもらえます。

まあ、考える事はどなたも同じなのでしょう。

それからキッチンの「ガス台」。

ギトギトな油汚れでお料理をしていたら不衛生極まりませんので一刻も早く綺麗にしたいものの目も当てられない程に進行していた場合自分ではなかなか対処しにくいですから。

やはり家庭で、つまり素人では手の付けられない所。

加えるならプラス関心がある。

要は目に付くけど自分で出来ない所が人気がある訳です。

噛み砕いた言い方をすればこうなります。

ですから1番なのはエアコンという事です。

重要!業者選びが肝

東京都内に限らず全国にこれだけあればどこの業者に頼むのか迷いますよね?

HPを見てもセールストークはどこも差がありません。

どこも素晴らしいデザインで制作されたホームページで巧妙なうたい文句です。

料金の問題にせよ判断材料は何にしたらいいのか見当が付きにくいです。

私も何社か現場を見ましたが料金、作業の質もどこに依頼しても大きな差はないのではと感じました。

ですが人気のある業者はと言いますと?

それは

「ダスキン」

「おそうじ本舗」

この2社です。

勿論個人経営のお店でも多くの顧客を抱えて新規開拓まで手が回らないほどの繁盛店も無数にあります。

ご新規の依頼をお断りしている位の忙しさという事ですね。

ですがこの2社は東京で不動なのです。

勿論他を否定しているのでなく人気の問題です。

都内でこの手の車両を見かける機会がありますがやはりこの2社のものが断然多いです。

凌駕していると言えるでしょう。

ちなみに私は他社には問い合わせすらしません。

技術、料金が変わらないならネームバリューのある会社に引き寄せられます。

「看板」の安心感が何よりです。

これこそ生きた費用のかけ方ですね。

ぜひ今回の記事を参考にハウスクリーニングの業者を選んでみてくださいね!

という訳で今回のテーマは「ハウスクリーニングにかかる費用の相場と東京で人気の業者はどこ?」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です