掃除が苦手な方に!重曹とアルコールの効果とは?

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「掃除が苦手な方に!重曹とアルコールの効果とは?」です。




そもそも掃除が苦手な原因は?

重曹、アルコールについて触れる前にこの問題について突き詰めて考えてみると。

「やる気があるのに思うように進まない」

「どこから始めていいのか見当も付かない」

大体この2点だと思います。

まずは捨てる事が先決です。

掃除の進行を妨げているのは物が邪魔をしているのです。

せっかく思い立ち開始したもののすぐに断念せざるを得なくなるのはここなんですね。

例えてみましょう。

リビングよりもむしろ押入れの中のお話をします。

このほうがありきたりでなく分かりやすいでしょうから。

まあここは年末の大掃除シーズンでも余り見直される事もありません。

関心がないどころか長年に渡り放置されている箇所です。

ここを掃除しようという発想すらないのが普通だと思います。

ふすまを開けると中は物で詰まり切った状態だとします。

もうこの時点で

「やはりあきらめるしかないか」

となります。

ですがこれでは永遠にこのままです。

いえ、これ以上ギュウ詰めになる事も簡単に予想出来てしまいます。

打破する為には処分を開始します。

不用な物が相当あると思います。

次々と捨ててやがて今まで見える事もなかった押入れの突き当りや床が見えてくると喜びが湧いて来る筈です。

「何だ、ここまで余計な物で溢れていたのか」

となるんですね。

と同時に奥はほこりだらけなのに気が付いて驚くでしょう。

「わわわ・・・長年放っておいたツケがこれか」

となります。

けどここまで来たらほこりを除去したくなるのものです。

つまりここまできたんだからとなる訳です。

躊躇するどころかしなければ損な気分になるのですから面白いものです。

長期間手付かず状態だった所がシンプルになった時の衝撃は忘れられない思い出となります。

冷蔵庫の中もそうでしょう。

賞味期限切れではないものの長い間置いたままの物ばかりでは掃除をする気になれたとしてもまごつくばかりですよね。

やはりここも吟味して次々と捨て始めます。

でなければ先へ進みません。

そうです。

まずは処分が第一なのです。

これさえ済ませればどうという事がないのはお分かり頂けたのではないでしょうか。

もう8割がた解決出来たと言っても過言ではありません。

ですから重曹、アルコールを使用するノウハウについてお話をする前にここまで噛み砕いて説明しました。

でありませんと会話が進みませんので。

ですがご安心ください。

不用物の処分を終えればいよいよ上記2点を使いこなして掃除をはかどらせる事に!

リビングや寝室、台所などと同じ要領です。

掃除が嫌いで、する気は全くないならともかくやる気があるのに進められず期待以上のものにならないなんて非常に惜しい事ではありませんか。

挙句、掃除嫌いになってしまったでは目も当てられません。

けど苦手がなかなかスムーズにはという理由も突き止められましたしこれでひと安心ですね。

思えば簡単なのですが意外と気が付きにくい部分ではありますしね。

見事!重曹の威力

ズバリ排水口です。

浴室、キッチンのあの忌まわしい所です。

お風呂場の掃除の手順は専用の洗剤でスポンジで天井、壁、浴槽、床、鏡、窓枠、扉などを進めます。

シャンプーなどの容器も忘れずに。

天井や壁まではしない家庭が大半ですが放ったままですと後々面倒な事になってしまいます。

汚れが進行して対処出来なくなってからでは後の祭りですから隅々まで徹底します。

重労働に思えるかも知れませんが1日の疲れを癒す大切な場所です。

運動を兼ねると思えば前向きになれるというものです。

ところでこの排水口。

私はマメに実践していますがそれでも毎回汚れの進行の度合いは他の箇所の比ではありません。

比較しようがないほど進みやすいのは想像が付くと思いますがまさにその通りです。

以前、私が健康ランドの大浴場でくつろいでいた時の事です。

比較的すいている時間帯を見計って清掃スタッフの方々が排水口の掃除を始めました。

物好きの私がずっと観察していたのは言うまでもありません(笑)。

その時ですけれどやはりかなり頑固な汚れが付着していました。

毎日専門のスタッフさんが入念に行っているのにも関わらずです。

その際はやはり重曹を使用していて手際良くこなしていましたね。見ていてさすがだなと感じたものです。

威力を見せつけられました。

この私が我が家に応用しない筈もありませんよね。

専用の洗剤で限界を感じたらもう重曹です。

たまたま私の自宅はこれでなくても対応出来るレベルをキープしてありますがやはりこの優れものですと一層綺麗になります。

さてキッチンの排水口は。

ここを怠っていますと生ごみの臭いがたちこめてしまい大変な事になります。

長期間そのままにしてある家庭は本人も麻痺して何も感じなくなるのでしょうがこうなりますと健康被害の入口です。

けどここも浴室同様重曹でスッキリです。

ここが詰まると不衛生極まりないです。

床上浸水同等と言えますよね。

今まで手付かずの状態であった所がまるで新品同様に見違えた瞬間・・・。

想像しただけでワクワクします。

新築同様に改革出来たならさぞかし感激するでしょう。

苦手な掃除自体が自身でここまで変わるのです!

使用方法ですが水に溶かしてスプレー容器に用いる事も出来ますが直接振りかけてから時間を置いてスポンジで磨いてぬるま湯で流しても十分です。

またガスコンロ、換気扇、冷蔵庫の中などにも応用が可能ですがそれらは専用洗剤で万全かと。

どうせならここぞという時にが前提で話を進行させたほうがあなたも飲み込みやすいですよね。

ドラッグストアでも手軽に買い求められますがアルミ、木製品、テレビやパソコンの画面、畳、フローリングなどには使用出来ません。

手垢がなかなか落ちないからと家具に使用する家庭もありますが素材を痛めてしまいますので厳禁です。

万能のイメージがあると思いますがこの辺は注意が必要です。

効果を発揮するアルコールに注目!

これは家庭用消毒アルコールです。

飲むお酒ではありません(笑)。

「アルコール除菌」でお馴染みですよね。

ドラッグストアだけでなくスーパーやホームセンターなどでも販売されており種類も重曹より遥かに豊富です。

用途としては包丁やまな板、ざるなどの調理器具でした。

現在はこれらに限らず食卓やガス台、冷蔵庫の中などの掃除にも活用されています。

雑巾で拭くまでもない場合なんかはこれがあると便利です。

ちょっとした家具の汚れをこれで落とす家庭も多くなりましたが素材次第では剥げてしまうケースもありますので使用前に説明書をよく読んでください。

家具が変色してしまってからでは取り返しがつかなくなります。

さてこのアルコール除菌ですがスプレー、タオル形式、ウエットティシュなど続々と登場して使い道も広がる一方です。

これだけ市場に流通するのは消費者のニーズ、つまり掃除に関心が高まっている表れですからいい傾向です。

雑巾で拭いた際のその都度洗う手間が省ける要因も後押しして益々世に出回るようになりました。

キッチン限定でなくオールマイティだと謳う商品も売れ筋ランキングでは上位に表示されています。

とにかく市場を賑やかにさせている訳ですから大いに有効活用するべきです。

変わった使用箇所と言えば窓枠です。

さすがに窓はこれでは対応するのも面積的に難しいかも知れませんが枠でしたら十分効果が期待出来ます。

私も現在はここは雑巾を使いますがこのアルコールでも同等の効果があると実感しています。

もっとレア的な所は?

一体どこだと思いますか?

答えを聞いて驚かないでくださいね(笑)。

それはトイレです。

床や便器にも応用出来ます。

「専用の洗剤があるのでは?」

と言われるでしょう。

けどこれでも対処出来ます。

トイレ専用という文言が付いていなくても実践可能です。

まあ稀な例と言えばそうですが覚えておいて損はないと思います。

ちなみに何にでも対応出来ると謳っている商品であるのは言うまでもありませんがお手洗いにもというのは意外でしたでしょう。

ただキッチン専用のはさすがに使わないでくださいね(笑)。

ただ時代は生き物ですからそれこそどこにでも対応出来る製品が開発されるかも知れません。

とにかく販路は拡大するばかりですし新製品も次々と、用途も広まるばかりと前途有望ではないですか!

時代の波に乗り掃除がどんどん楽しくなるなんて考えただけで素晴らしい時代です。

効果が顕著になれば今まで掃除が苦手でお悩みの方も腕を磨こうと向上心が湧くものです。

という訳で今回のテーマは「掃除が苦手な方に!重曹とアルコールの効果とは?」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です