掃除に重宝!クエン酸と重曹の効果の違いは?

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「掃除に重宝!クエン酸と重曹の効果の違いは?」です。




徹底的に掃除をするなら

一口に掃除を徹底すると言いましても実に広い範囲に及びます。

探せば実に多くの所がありますね。

これら全てを行き届かせるのは果たして気が遠くなるものなのでしょうか。

確かに排水口やクローゼットの中身などまで抵抗があるかも知れません。

多くの方が言う通り見えない部分だからです。

ところがこういう所まで実践しますと見える箇所の掃除は楽に実行出来ますね。

隅々まで綺麗にしますと達成感も格別ですし精神衛生上よろしいです。

綺麗な空間で生活をするのですから当然ですよね。

掃除に関心があるなしは別にして本能的にこういう場に居たいと感じるものだと思います。

温厚だったり寛容な心の持ち主の方は大体自宅の掃除も見事にこなしています。

知らず知らずのうちに心も穏やかになれるからでしょう。

本日はクエン酸と重曹についてお話しします。

ご安心ください。

ハードルは低いですから。

クエン酸に最適な所は?

トイレ、浴室、キッチンの水垢です。

お風呂場に鏡がある場合はここもです。

キッチンは常に問題なく暮らしている家庭が大半だと言いたいところなのですが残念ながら水垢が付いているケースがほとんどです。

トイレは便器が問題なくてもタンクの手洗い部分に付着したままの例ばかりですね。

義務的にでも何でも便器が磨いてあったとしてもここは放っておいたままになりやすいのでしょう。

店舗や商業施設でもこういうのは少なくはありません。

それと浴室です。

ここの床、特に浴槽の底です。

もう放置したまま何年も経過してしまっているのは普通にあります。

もう珍しくはない次元なのですね。

もうここまで来ますと浴室用洗剤で対応するのは難しいです。

今更ながら気が付いて懸命に磨いてもなかなか効果は出ません。

浴室専用の洗剤をかけて入念にタワシをかけてもほとんど変わりません。

本人は躍起になっていても変化がないので諦めてしまい、そのまま放置という流れになってしまうんですね。

お手洗いもそうですね。

床部分などは磨けば磨くほど結果は出ますのでその気にさえなればどんどんいい方向へとなりますけど水洗タンクあの水が出る所は垢が付着しやすいです。

商業施設や店舗でなくある有名企業の詰め所にお邪魔する機会がありました。

社名ならどなたでもご存知の会社です。

トイレを借りました。

これだけの企業ならさぞここも・・・と思いきやこの部分は垢だらけでした。

清掃スタッフさんがいるかどうかは別にしてもやはり困難なのだなと思いましたね。

つまりクエン酸は使われていないという事です。

洗剤で手に負えない状態はこれにすがるしかありません。

益々対処出来なくなりましたではどうにもなりませんので。

ここは重曹の出番

キッチンはキッチンでもガス台の油汚れ、ドアノブの手垢、食べ残しのシミ、排水口のヌメリ、鍋などのコゲ、湯吞み茶碗の茶渋、そしてトイレタンクの中です。

先ほどガス台のお話しをしましたが油汚れはこれです。

ここが油でギトギトになっていたらせっかく楽しい筈のキッチンも台無しになってしまいます。

日頃から気を配るようにしていればこんな事態を招かないですみますけどここもまた気が緩みますとほったらかしになりやすいです。

繁盛しているある中華料理店に行った時の事です。

カウンター席は7つ、テーブル席は6つほどのお店ですが常に満席状態で調理担当の店員さん、つまりコックさんは4名、ホールにも2名の店員さんが大忙しで動き回っています。

私の事ですから意図的にトイレを借りました(笑)。

案の定文句のつけようがありませんでした。

さてカウンター席でお料理を食べている最中に気が付いた事は。

それはこの忙しい中で、合間を見てコックさんがガス台を雑巾で磨いていました。

ほんの手の空いた僅かの時間です。

「繁盛店はちがうな」

「こういう時までするのはさすが」

だと感心、いや感激しました。

洗剤は使ってはいませんでしたが磨きあがった商売道具は見事でした。

これを見習おうと決めたのは言うまでもありません。

こういう具合に常に万全を期していれば何ら問題はありませんがやはり手を抜いてしまう場所ですよね。

油汚れが進行したら重曹で対応します。

常に清潔な状況でいたいものです。

清潔感で満たされれば毎日の暮らしもより楽しくなるというものです。

どうせなら効率よく進めたいですね。

でないと人間ですから面倒になってしまいます。

ただでさえ汚れの悩みからは早く解放されたいのですから。

驚くほどの効果!

私が1番手間取ったのはトイレの水垢でした。

そうです。

タンクの手洗いをするあの部分です。

あの断念してしまいやすいあそこです。

常に手入れをしていてもここはかなり困難です。

トイレ用洗剤をかけてから思い切り力を込めてタワシで懸命に取り組みました。

それこそ必死です。

ここは目に入りやすい箇所でもありますしそれでなくてもこれを諦めたら片手落ちになります。

これだけは避けたかったですから夢中になっていましたが。

とうとう専用洗剤での限界を感じましたのでクエン酸を使用しました。

するとどうでしょう、違いは。

あのいまいましい汚れがどんどんと落ちていくではありませんか。

スプレー容器に入れて吹きかけてからタワシがけして乾いた雑巾で拭き取ります。

これは気持ちがよかったですね。

いくつもの洗剤を試してからでしたのでクエン酸の威力を見せつけられた感がありました。

右に習えで浴室。

浴槽の底の垢も落としてくれました。

万々歳です。

もともとこれらの箇所の掃除もしていましたが何かの拍子でこの汚れに見舞われてしまったのですね。

ですがもうこれで大丈夫です。

次に電子レンジです。

製品の外側でなく中です。

ここも外側は綺麗な状態を維持している家庭が多いのですが中身となりますと別ですね。

ここは重曹です。

クエン酸同様使用する際はスプレー容器に入れておくと便利です。

どちらも水100ccに5gを溶かします。

ただ電子レンジの中はスプレーで吹きかるのは避けるべきです。

電化製品ですから雑巾にかけてから拭き取ればいいだけです。

ここも頑固な汚れが付きますがこれで十分活用出来ます。

台所や風呂場の排水口のヌメリは直接かけましょう。

あのウンザリしたヌメヌメした感じのものとはおさらばでせいせいします。

それから換気扇のフィルター。

相当手強い状況でももう心配ありません。

取り外して浴室で丸洗いします。

設置したまま外側だけ磨く方がいますがこの際外してするべきです。

トイレのタンクの中は重曹を200ccを入れればもう安心です。

一晩中このままにしておく家庭もありますが2時間もすれば問題なしです。

さてこの2つの違いとは?

クエン酸は酸性なのでアルカリ性の汚れに、重曹はアルカリ性なので酸性の汚れに効き目を発揮するので用途は・・・。

などといった事はどうでもいいのが本音ではないでしょうか。

要は汚れが落ちるか。

どうすればこの問題が解決するのか。

これしか関心がありませんよね。

それでいいのです。

余計な知識をなまじ頭に入れて混乱させる必要はありません。

どれにどれが効くのかだけ覚えておけばいいのです!

適材適所と言いますか餅屋は餅屋です。

クエン酸も重曹もどこに使用すればいいのかさえ頭の中に入れておけば問題ありません。

これら2つとも用途、効果は前述の通りです。

下手に余分な知識を覚えてしまいますと逆にぶっつけ本番の際に迷ってしまいますよね。

これを回避する為に私は端的に言いました。

ともすればこの2つはいざとなりますとどういう違いがあるか分からない時があると思います。

けどどれにはどれとさえマスターすれば心配ないです。

あとはひたすら使用する箇所に合わせたもので掃除に邁進すればいいだけですから。

一層進むので張り合いもありますね。

快感になるのは間違いないです。

どうせ掃除をするなら楽しい気持ちでしなくては損というもの。

もうこれであのさんざ私達を困らせた問題とも決別です。

追加情報

ところで汚れを放ったままにしておくと不幸を招いたり呼び寄せたりするなどと力説する記事を見かけます。

さてこれは果たして本当の事なのでしょうか、それともデマでしょうか?

答えを言います。

これらは解釈次第で当てはめられるのであってこれによって幸運が逃げていくものではないと考えています。

不運を引き寄せるのでなく放置したから精神的に不衛生な状態となり結果的に鈍する訳です。

毎日生活をする空間が汚れだらけならそれこそ落ち込みますよね。

簡単に言えばこういう事なんであってややこしく考えるまでもないんですね。

迷信じみた話を持ち出すまでもありません。

ですがどうでしょう。

重曹、クエン酸の力を見せつけられたらもう今までの汚れから解放されます。

何かにつけて日常生活も楽しくなるからやはり良い事が起きやすいです。

元気でいればそういう事柄は黙っていても身近なものに・・・。

精神論ではありません。

ここは勘違いしないでくださいね。

自然の摂理です。

それにしてもどこもかしこもピカピカにしたならもう最高のプレゼントをもらった心境ではないでしょうか。

自己革命だなんて大袈裟な表現を用いるまでもなく掃除は自身の器まで磨いてくれるんですね。

何より手軽な手段だと思います。

抵抗を感じるのは状況が進まないからであって決して困難な事ではないです。

もっと噛み砕きましょうか。

一度でも徹底的に仕上げると常に維持したくなりますし妥協しなくなるという体験はお持ちでしょう。

これなんです。

そうなると構えなくても自然体でいけます。

信念は通じます。

今まで使っていた洗剤で対処が困難な時にこんな効き目がある物が実在するのですから。

執念とまで言わないまでもこの位に考えていてちょうどいいのでは!

という訳で今回のテーマは「掃除に重宝!クエン酸と重曹の効果の違いは?」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です