楽勝!プロペラタイプの換気扇の掃除の仕方は?

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「楽勝!プロペラタイプの換気扇の掃除の仕方は?」です。




プロペラタイプの換気扇を見てみると

このタイプはやはり目立つ型ですね。

埼玉県越谷市内の中華料理店での事です。

このお店は古くから地元の方々に愛され続けて来た老舗で連日大盛況です。

厨房にある換気扇を見てみると見事ピカピカでした!

まあ、ここまで観察する客は私くらいしかいないでしょうけれど(笑)。

やはり店内の雰囲気も和やかですね、空気が綺麗なのも大きく影響しているのだと思います。

コックさんが2名、ホールにも2名のウエイトレスさんが手際よく仕事をこなしています。

活気がありますので尚更繁盛するのでしょうね。

ではこれを自宅に置き換えて考えてみますと・・・。

キッチン全体が良いムードになりますからお料理を作るにもはかどります。

衛生的ですから当たり前ですよね、自然と熱も入りやすいというもの!

食器洗いや片付けにしてもそうなります。

とは言っても既に汚れが進んでしまっている場合はここを掃除するにも気が進まないでしょう。

お任せください。

次章で詳しくお話します。

もう今日から改善出来ます。

このままお読みください。

掃除の仕方は意外と楽

いよいよ開始です。

➀電源を抜く

➁プロペラ、パネル、他の部品を取り外す

➂本体を外す

➃ ➂のもの全てにマジックリンを吹きかけて5分後に丸洗い

➄モーター付き本体はウエットティッシュか雑巾で拭く

➅よく乾燥させてから元通りに取り付けて電源を入れる

たったのこれだけです。

これだけで頑固かつあの面倒な汚れとおさらばです!

楽々実践出来ますよね。

ピカピカに磨きあげたのを見た瞬間はとても嬉しくなりますから是非!

注意点は?

「つけ置きは?」

これもよく受ける質問です。

勿論この選択肢も大いにありです。

私はマジックリンです。

あなたも店頭でよく見けるあの商品です!

他の洗剤も多数試して来ましたがこれに落ち着きました。

つまりプロペラやパネル、部品はハンディタイプのスプレーをかけてから5分程度時間を置いてスポンジを使用します。

そもそもここは雑巾やウエットティッシュでは追い付かないでしょう。

熱湯を使用しますと変形する恐れもありますからぬるま湯か水で。

モーターの付いた本体は防水仕様でなければマジックリンを染み込ませた雑巾、もしくはアルコール分を含んだウエットティッシュで拭き取ります。

終了後に取り付ける前にはよく乾燥させてください。

自然乾燥かカラ拭きどちらでも構いません、くれぐれもこの点は気をつけてください。

ところで頻度について

毎月か少なくても3ヶ月に1度はするようにします。

当然使用頻度にもよりますが一般家庭ならこれで。

年末だけではその時掃除に取りかかる際には相当の汚れが付着していますので時間がかかってしまいます。

ちなみに某大手テイクアウト専門の弁当店では月2回だそうです。

営業終了後に始めて翌日の開店前に取り付けるみたいです。

まあこれは食べ物屋さんですから清潔感が売りですので言われてみれば分かりますね。

それにここのスタッフさんによると回転率にもよるけどこのペースなら常に綺麗な状態を維持出来ると言っていました。

本部からもそう指導されているようですし。

どちらにしてもいい影響だと思いますね。

店員さんもお客さんもこういう店内に居るのですから。

それに空気が綺麗な空間に居たいのが本音だと思います。

本能とも言えるのでは。

それなら最低でも年に4回はしたいものです!

前述のお弁当屋さんみたく月2回とまでは言いませんから。

という訳で今回のテーマは「楽勝!プロペラタイプの換気扇の掃除の仕方は?」でした。