洗濯の基本と干し方のコツは?

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「洗濯の基本と干し方のコツは?」です。




これだけある!洗濯の前には

ただ洗濯機に放り込んであとは時間が経つのを任せて終わりになりがちですね。

「なーに、こんなのは機械が全部してくれるじゃないか」

「キチンと洗えてさえいればいい」

とタカをくくるだけではなく注意する点は色々あります。

衣類のポケットです。

タバコやキャンディーなど余計な物が入っていないか確認しないままになっていませんか?

洗濯代行屋さんによりますとこのケースはかなりあるそうです。

ガムやポケットティッシュ、財布や現金、鍵、ネジや中にはカッターナイフまでもズボンの中にあるままなど毎日多数扱うとか。

毎日の事ですから膨大な量になるそうです。

こういう業者さんならあらかじめ取り除いてくれますが自宅でもし、こういう事になってしまいますと大変な事態も招きます。

中に入っている物や機械本体も痛めてしまいますし紙類などはチリチリバラバラに。

まあ、これは体験している方もかなりいらっしゃいますがこれらのゴミを取るだけで時間のロスです。

それと汚れの激しい物と一緒に洗う事や色落ちするものとしないのを仕分けないでそのままという例はいくらでもあります。

そんなの分かりきっていると思いましたか?

知らず知らずのうちとはいえ混同している場合は多々あるんですね。

特に雑巾です。

小さいしどうという事ないと考えるのでしょう。

ですがタオルと同時では不衛生極まりないです。

大掃除などで何枚も雑巾を使用したならこれはこれだけでするべきです。

それと容量ですね。

これは目一杯詰め込む家庭が多いですけど回転は悪くなり汚れが落ちませんので逆効果です。

8割程度を目安にしたほうが効率がいいです!

量が多いから一気にと考えるのではなく分けてでもしませんと時間が無駄になります。

ファスナーが開いたままというのも要注意です。

他の物を挟んで痛めてしまいますので。

構わず無造作にではなく気を遣いながらすれば仕上がりを見て満足しますよね。

たかがこんな事なんて言う前にこれだけの関門があるのですね。

せっかくするのでしたら始める前からこの様に準備していれば今後はより見事に仕上げる事が出来ます。

清潔感が溢れていれば精神衛生上にもよろしいですね。

気分爽快な結果になれば益々楽に、また楽しくなるでしょう。

基本さえ押さえれば

洗剤ですがこれは使用量を守るのを忘れている方が沢山いらっしゃいます。

泡立ちがすればするほどよいと勘違いして規定量をはるかに超えて入れてしまう家庭を見かけますけれどすすぎの妨げになるだけです。

よくやりがちですので気をつけたいです。

よくおすすめの洗剤を聞かれるのですが私はライオンの部屋干しトップです。

液状の製品ですね。

あなたも店頭でよく見かけるあれです。

部屋で干す干さないは別としてもこれを長年使っています。

あくまで私個人の好みと言えばそうかも知れませんけれど何もメーカーの手先ではありません(笑)。

当然個人差、好き嫌いの問題ですがこれが1番相性がいいですね。

時間ですが全自動で全て終了してから再度やり直す例も多いです。

これは効果が変わらないだけでなく衣類を痛めてしまいますし水道代、電気代も無駄になります。

気持ちは分からないでもないですけど意味のない事をしても始まりません。

ぬるま湯は効果があります。

長年水だけでしてきたご家庭がぬるま湯を使ったとしたらちがいを見せつけられた気分になるでしょう。

終了後はすみやかに干しませんと臭いやカビの原因となります。

よく一人暮らしの会社員の方ですと起床して、洗面、朝食の後に洗濯機にスイッチを入れてそのまま出勤して帰宅してから干すケースがあります。

これですとシワだらけにもなってしまいます。

影響は大きいです。

少しでも手短に済ませたいのでしょうけれどここは時間をこの為に取っておきませんと。

それと私は終えてからすぐに電源を抜いて蛇口を閉めます。

この手の機械回りは特に漏電に注意が必要です。

また何かの拍子にホースが外れて周辺や床が水浸しになったでは目も当てられません。

一連の動作が終わったらハイ、終了!ではないんですね。

普段何気なくしている事でもこうして順序立ててみますと奥が深いものだとお分かり頂けたと思います。

無駄をする事なくが基本なんですね。

意外と見落としていた部分もあるものです。

ですがこのように突き詰めてみますと改善さえすれば更に張り合いが出て来るものではないでしょうか。

干し方も工夫次第!

案外と厄介なんですよね。

梅雨の時期に限らず天気がおもわしくない状況が連日だったりして。

また晴天の日。天気予報でも洗濯日和だなどと太鼓判を押していていきなり急変とかありますね。

外出先でいきなり天気があやしくなり外に干していたものが気になってどうにもならなくなったりという体験はよくある話です。

かと言って何日も室内のままではあの嫌な臭いも発生しやすいですし。

最短で乾かしたいのはどなたでも考えます。

エアコンの風量を強めに設定するのが1番お馴染みで最初に思い付くのでは。

冬ならコタツの中に広げて置くというような原始的な方法もあります。

晴天の日の午前8時から午後3時頃にかけてベランダや庭に干していても物足りないと感じる時はやはりあせります。

ですので上記のような現代的でないと思われる方法も試したくなるものです。

また室外での場合は花粉症や虫が気になる方もいらっしゃいます。

ある方は取りこむ時に大きな蛾がとまっていて度肝を抜かれたそうです。

これ以来もっぱら部屋の中でと決めたそうです。

どの道干す問題もアイデアを生かすべき域なのは間違いありません。

「必要は発明の母」と言います。

様々なアイテムも販売されていますが収納の事を考えると極力これらの物を増やしたくないとの考えも根強いです。

当記事をご覧頂いているあなたも例外ではないでしょう。

そうです。

出来る事なら便利なグッズを買い揃えなくても・・・、いえいえ全く購入する必要はないとは言いません。

なるべくならという事です。

ですから私は角ハンガーとハンガーしか使用しません。

簡単に組み立て出来る室内用の物干しも以前はありましたがやはり物は少なくがポリシーですので処分しました。

とは言っても実用的ですから否定はしませんが私は収納の面を選んだんですね。

ハンガーはクリーニング屋さんで付いてくるあれでもいいですが100均でも販売されています。

デパートや量販店でも売られていますけどまあこれは100円ショップで十分間に合います。

あとは間隔に気を配れば大丈夫です。

風が強くなければ外にでも。

これなら室内でも乾きやすいです。

考えれば簡単な事なんですが意外とこの点が眼中にない方が多いので驚かされるものです。

盲点と言っても過言ではないです。

この様に端的かつ簡単なノウハウです。

必見!コツをまとめると

裏返しにして干します。

衣類で乾きにくいのは裏側の部分です。

まずはここを乾燥させやすいようにしてあげるのが先決です。

特に厚手の靴下や手袋はこれだといいですね。

天候や部屋の中の湿度で困難な時は忘れてはなりません。

こうするだけで格段に差が出ます。

次に間隔です。

角ハンガーに雑な感じで吊るすのでは余りにも芸がないです。

5センチ程度空けます。

最低でもこのレベルです。

これ位は維持するのも難しくないと思います。

こうしますとかなり風通しがいいです。

ハンガーの場合もそうです。ピタリと洗濯物同士が合わさっていれば乾燥しにくいです。

言われてみればとても簡単そうですが残念ながら見過ごされやすいんですね。

やはり最後まで気を抜かないで進めたいものです。

もし量からしてここまでの余地がないのならどうすればいいでしょうか。

やはり一気に済ませようとしなければいいだけなんですね。

つまり対応出来る量に小分けに洗う訳です。

もし家族の人数を考えたら角ハンガーやハンガーを増やすかここで初めて検討すればいいのです。

先ほどアイテムは必要最低限と申しましたがこの程度なら構わないと思います。

空間を取られるとまではいかないですからね。

「ここまで時間を奪われるのか」

と思いましたか?

いいえ、そうではありません。

私がお伝えした通りに実践して頂ければはかどる筈ですから。

要は最初に触れた容量から仕上げまで振り返ってもらうだけです。

こうして突き詰めてみますと快適に前に進めます!

コツはこれだけです。奇をてらう訳でもなく型破りでもなくごくごく自然体です。

「策」なんて簡単な位でちょうどいいのです。

家事の大きな役割を占める洗濯。

これが順調なら安堵出来るというものです。

お伝えしました基本を念頭に置いてくださるなら不安材料はありません。

追加情報

ところで見落とされている物干し竿。

ここが全く手付かず、つまりほこりだらけのままの家庭がほとんどです。

私も余りここが行き届いている例を知りません。

ここまでお読みになられたあなたならもうお分かりの筈です。

そうです。

ここも雑巾で拭いて常に綺麗に保つのが大切です。

頑固な汚れが付着しているレベルなら雑巾にマジックリンをかけて拭き、仕上げは水拭きをします。

乾拭きまではしなくてもいいでしょう。

自然乾燥で構わないと思います。

するに越した事はありませんが。

竿は長年ベランダで活躍してきた訳ですので風雨にさらされてきたのです。

洗濯物を干す大事な物ですから放ったままにするのではないですね。

干した物が汚れなければいいという問題ではないでしょう。

私もマメにチェックして磨いています。

ここまでしないと落ち着きませんので。

コツ、干し方、基本も押さえたのですからあとはこのような箇所にも!

それに肝心のこういうアイテムが汚れているのは関心しませんよね。

けどここまで徹底すれば洗濯もより楽しくなるというものです。

こういう所まで気を配れば他にも応用出来る様になるんですね。

毎日が何か発見をする機会があるとポジティブに考えるのもこれまた精神衛生上いいでしょう。

という訳で今回のテーマは「洗濯の基本と干し方のコツは?」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です