2018年におすすめの軽い掃除機は?紙パックと吸引力の関係とは?

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「紙2018年におすすめの軽い掃除機は?パックと吸引力の関係とは?」です。




電化製品の王道!掃除機

デパートや量販店。売り場には所狭しと並べられていますね。

買い替える場合に店内を訪れた際は掃除好きのあなたは心が弾む想いではないでしょうか。

「新製品にお目にかかりたいけど」

「性能抜群なのはどれだろう」

「前回よりもっと良い品は何だろな」

「業界のおすすめは?」

と色々見て回りますよね。

検索しても実に様々な商品がネット上に並んでいて何かと迷うと思います。

この時も選んでいる最中はワクワクしっ放しでしょうね。

店頭でもWEB上で探していてもこの気持ちは変わらないのでは。

この時点では既に予算は決めてあるでしょうから最初に目に付くのはやはり値段です。

ですが

「これだ、これしかない!」

「お!こんなのを待ち望んでいた」

と感激したのも束の間、金額を見て悩むケースもしばしばですね。

ここで断念して他の物を当たるか生活費を切り詰めてでも購入するかやきもきするのは皆同じなんですね。

分割も思い浮かぶかも知れません。

ですが丹念に探しますとどうにかなるものです。

妥協とまではいかなくてもまずまず納得する品は見つかります。

何せこの時代です。

消費者の期待に応えてくれる商品は用意されています。

売る側の戦略はともかく買い手も喜ぶ掃除機は実在します。

よく見てください。

電化製品でも注目度の高いジャンルですから販売側も豊富な品揃えを意識しています。

必ずあなたの理想の製品は手にする事が出来るのです。

忘れがちな紙パックだけど

ここは余り気にされる事はありません。

掃除が日課になっている場合でも見過ごされがちです。

吸い込みが多少悪くなった程度では大抵そのままにされます。

やがて吸う力がなくなります。

この時初めてまずいなと感じるんですね。

余りにも紙パックが膨らんでいて愕然とします。

けどこのように普段気にもとめられない部分です。

買い置きが事前に用意されている例は少ないです。

購入するにも型すら合うものがあるか心配になりますね。

もはやギュウギュウ詰め状態のパックから手でつかんでゴミを出すのもかなり抵抗があるでしょう。

この繰り返しですといずれ紙が損傷してしまいます。

面倒でも使用中の型のものを買うしかありません。

こうならない為に日頃から準備が必要です。

ここを注意しないまま掃除機をかけている家庭が非常に多いですけれどこれでは率が悪いばかりで労力と時間の無駄になってしまいます。

もったいないですよね。

使用頻度にもよりますから何日ごとにといった具体的な線引きは難しいですが常に意識するべきです。

耐久力が優れていても紙類である事にちがいありません。

万が一破れて中身が散乱したらだなんて想像しただけで恐ろしくなりますよね。

まあ、ここまでいくのは稀ではありますけれど。

少しでも効率良く進めるのが掃除の基本です。

この点を押さえて進行させたいですね!

どの道同じ体力を使う訳ですから。

どうせなら軽いもの!

軽量化が定着しています。

益々人気を集めているというレベルではありません。

大きさにこだわらないと答える家庭も非常に多いですがやはり少しでもコンパクト化されたものにと皆考えています。

メーカーとしましてもこの点は承知しています。

マニアックな考えの持ち主の方々はむしろ業務用の大きさのものでも一向に構わないという根強さもありますが基本的には軽い物に越した事はないのです。

どうでしょう。

あなたも出来る事なら重くないほうがいいのは変わりありませんよね。

どなたでも加齢はするのです。

それを抜きにしても軽いほうがいいと思います。

それと収納の問題。

ここまでお読みになられたあなたならもうお分かりだと思います。

そうです。

鋭いあなたの堪は冴えています。

スペースの問題です。

限られた空間を如何に有効に活用するか。

ですので一般家庭は勿論、企業でもこの点に着目して購入する時点では大きなポイントなんですね。

実際に売れ筋の商品をチェックしますと簡単に理解出来ます。

私も会社員時代に従来のあの大きくて重たい業務用の物から片手で間に合う軽い物を使用した時はかなり順調に進められるものだなと実感したものです。

会社側が揃えました。

私が勤務していたのは物流会社でしたのでさすが時代の最先端を担う業界だなと感心したのを覚えています。

やはりこれもはかどらせる為にも大きなポイントです。

スムーズにがカギですね。

肝要!吸引力こそ命

そうです。

これが肝心の吸い込みの問題です。

前章でも前々章でも再三に渡り触れてきたこの「性能」です。

他に沢山の要素があるにしても吸引力がどうあるかですよね。

掃除機を買う際この点に注目します。

見た感じが力強そうだと頼もしく思えるのではないでしょうか。

外見にこだわる必要はありません。

紙パック方式とサイクロン方式の2通ちがありますけどどうしても前者のほうがバキューム力が上回るのではと思われがちです。

では一体安心出来るクラスは。

紙パック式掃除機は500W以上、サイクロン式なら300W以上を目安に考えれば問題ないでしょう。

実は数値があるのですが専門的な用語、つまり私達には縁のない話になりますのでここでは省略します。

小難しい理屈は意味がないです。

無難な基準ですので購入時に不安な時はここを理解していれば購入後も手応えはある筈です。

これを下回ると物足りなくなってしまいます。

十分な機能を果たせません。

無駄な買い物をしたなんて後悔してからでは遅いのです。

私が勤めていた職場は多数の掃除機がありましたが全てこの線は超えていましたので普通の家庭でしたら尚更役立つでしょう。

在庫が見当たらない時は取り寄せてでもここは忘れてはいけませんね。

吸引力こそ至上命題だと肝に銘じているあなたなら心配ないと思いますが。

次は手入れです。

紙パック、サイクロン共にゴミが満杯にならないよう注意を払いながらですね。

スミマセン。少々くどい感じでしたか?(笑)。

おすすめする基準

要するに購入する際の判断材料ですね。

金額、重量、吸引力、メーカーなどいざ考え始めますとキリのない話になってしまいます。

自分はこのメーカーでと強いこだわりがある声も多いです。

例えば他社の製品は一切目もくれずにという例もあればとにかく値段が最優先とのケースも。

勿論、考え方は人それぞれですし好みの問題もあるでしょう。

ですから一概にどれがおすすめという明確な基準はありませんが前章でお伝えしたWの問題です。

ここが何よりです。

「では紙パック式とサイクロン式とどちらが?」

これはよく受ける質問でもあります。

まず前者のものですと紙パックを取り替える時に丸ごとですので手を汚す心配はないですね。

ただこれは常に購入する手間がありますし費用も発生します。

それとほこりが溜まるに連れて吸引力も落ちていきます。

夢中で掃除をするあなたならこの度にまたかと思いますよね。

後者はゴミの吸い取り状況が見てとれますからモチベーションに繋がりますね。

ですがあの通りダストボックスの規模からしても毎回捨てる手間があります。

どう捉えるかでしょう。

まあ、どちらが楽か。

これで決めてもいいでしょうし。

その都度捨てるのが気にならないのであれば後者でも全く構わないですよね。

その都度でなくある程度溜まるまで気にする事もないというのであれば前者でも何ら差し支えはなでいでしょう。

どちらもあの使用時の音も改良されてきていますのでどちらに軍配が上がるかはなかなか決定しにくいと思います。

後は手入れの問題ですから。

さあ!2018年はどうなる?

少々大袈裟な見出しになりましたが(笑)。

年々どころか日々・・・。

いえいえ。日進月歩のこの世界。

時が経つと同時に進化を遂げているのはご存知の通りですね。

あのサイクロン式ですが。

発売当初は誰がここまで普及すると想像出来たでしょうか。

この頃はメーカーも限られていました。

そうです。

売る側もこんなにも販路が拡大する事もなければ市場に出回るとも予想していなかったのです。

紙パック式もそうでしょう。

ここまで軽量化が進むなんて想定外です。

家電製品もコンパクト化が当たり前ともてはやされた時期でもこうは思っていませんでしたよね。

もしかしたら今月買った掃除機が先駆けの商品かと思いきや来月は更に進化したものが売り出されるなんて事も普通にあり得ます。

掃除自体が注目されている現在は益々先の事は予想出来ません。

何年かおきに買い替えているならお分かりの筈です。

生き馬の目を抜く何とやら。

メーカーもこれは意識していますので消費者としても今後が益々楽しみですね!

もしかしたら明日は私達が思いも付かなかったおすすめに価する新商品を目にする可能性も大いにあるのです。

家電業界が放っておく訳がないですよね。

最新鋭の品ならマメに検索、ウォーキングがてらに販売店に出向くのも一興というもの。

追加情報

さてさて家電製品といえばあの「秋葉原」を思い出すのでは?

確かにこの街は大御所です。

現在はお洒落なカフェ、レストランも続々と新規開店していますのでここは賑わう一方ですね。

ですがこの時代、家電量販店も各地に開店が相次いでいます。

大型ショッピングモールにもありますしアキバ並みの場所はいくらでもあるという事です。

アキバのあの独特の雰囲気がたまらなく好きだという場合を除けばわざわざここまで出向かなくても事足りますね。

とにもかくにも掃除大好きなあなた。

これから更にお掃除が楽しくなる掃除機が登場するのか想像しただけで胸が躍りますよね。

という訳で今回のテーマは「2018年におすすめの軽い掃除機は?紙パックと吸引力の関係とは?」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です