そもそも片付け日和なんて日はあるの?

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「そもそも片付け日和なんて日はあるの?」です。




片付け日和という日はあるのか?

洗濯日和なら何と言っても天候そのものですよね。

では片付け日和とは?

これは少々、片付けに関してマニアックな人から受けた質問なんですね。

早速答えを言います。

それは毎日です!

もう一歩踏み込んで言いますとその場で。

要はその都度という事になります。

使い終えたらすぐ片付けるのですからこういう答えになります。

それを片付け日和だなんて余計な枠に当てはめようとする必要はないですよね!

私から言わせれば余計な考えというもの。

何も自ら行動を制限する必要はありません。

文具を使い終えたらすぐに元の文房具入れに戻す、書籍を読んだらその場で本棚に戻すという、ただ簡単な事です。

これが出来るかどうかで毎日の生活は大きく変わるでしょう!

「何だ単純な事ではないか」

と思われましたか?

その通りです。

片付けが行き届いた空間をキープ出来るか散らかり放題の所での暮らしを送るのを余儀なくされるかなんてたったこれだけの差だという事がお分かりになられたのではないでしょうか。

ですから私は最初の片付け日和なんて余計は枠を考えるなと念を押した訳です!

こういった具合だと

そうです。

片付いた状態を維持出来るかどうかは紙一重なんですね。

ですから余り構えたり深刻に考える必要はありません!

「何しろ苦手だから」

「自分にはセンスがないし」

などと自分を追いつめるまでもないでしょう。

ただこれだけの事なのですから!

「この位ならあとで片付ければいいや」

なんて考えているうちにいつの間にか散乱して手も付けられない状態になんてケースはよく耳にする話ですよね。

私もこういう例は多く見てきました。

ふとした気の緩みだと軽く聞き流す問題ではないですね。

けどポイントはお伝えした通りですのでその場で、その都度という事を念頭に置けば大丈夫です!

習慣化させると

更に一歩踏み込んで言うなら片付けを習慣化させれば常に快適な空間はあなたのものになります。

これなら手先の器用さなんてまるで関係ありません!

ましてセンスなんて尚更でしょう。

今更言うまでもないですよね。

けどどうでしょう。

あなたも片付けは簡単で気持ちの良い事なのはお分かりでは。

張り合いもある作業ではありませんか!

こう考えれば毎日でもしたくなります。

毎日が片付け日和とはこういう意味なのです。

という訳で今回のテーマは「そもそも片付け日和なんて日はあるの?」でした。