キッチンの引き出しの掃除はこうする!

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「キッチンの引き出しの掃除はこうする!」です。




キッチンの引き出しはこれで

手順としては。

先ず中身を全て一旦出してください。

取り外しが可能なタイプのものでしたら外して逆さにしてホコリやクズを取り払います。

出来ないものなら掃除機で吸い取ってください。

それから除菌シートで拭き取りましょう。

材質に問題がなければ台所用洗剤で丸洗いをすれば尚いいです。

仕切りやかご等のグッズもついでに綺麗にしない手はありませんね、ここまで来たのなら。

ここも見落とされやすい箇所ですし。

ここまでお読みになられたあなたなら既にお気付きだと思いますが。

木製の場合は素材を痛めてしまう可能性もありますので避けます。

ついでにレールもこれで磨けばいいですね。

次に乾拭きをします。

それからは十分に自然乾燥させて元に戻します。

これをしないとカビが発生したり引き出しを劣化させてしまいますから注意をしないといけませんね。

引き出しは放置されやすい部分でもありますのでここまですれば文句なしです。

出した物を入れ直す頃は達成感を味わえますよ。

意外と

引き出しを閉めているのですから中が汚れる事もないと思われるでしょうけど意外とホコリがたまっているんですよね、よく見てみますと。

気付いた頃には結構進んでしまっていてゲンナリしてしまうものです。

何しろキッチンの一部ですから当たり前だと思います。

ですが前章でお話した要領でこなせばすぐに改善出来ますのでご安心を。

また知らず知らずのうちに余計な食器類も増えてしまっている例が非常に多いものです。

この際なので必要ないと思われるものは処分をしましょう。

もうあなたならそのつもりでいらっしゃるでしょうけれども。

そうです。

これでまた一つ得をしましたね。

綺麗に出来たうえにスッキリさせた訳ですから。

今後は

この状態を維持すればお料理を作るにも今まで以上にはかどるでしょう。

今後も引き出しの中は常にチェックが必要ですね。

現状をキープすればこれからは̪しやくすなりますし。

見落としやすい箇所であるだけに要注意です。

確かに外からは見えない部分です。

それだけに万全な状態にしておけば開ける度に充実した気分になれます。

こういう所まで綺麗にしておけば一層気分が良くなりますから。

ガス台やシンク、壁、冷蔵庫や電子レンジ、換気扇など目に付く箇所の掃除に対しても前向きになるのは間違いありません。

キッチンが一層快適な空間になるのですから引き出しもここまで重要なのはご理解頂けた筈。

という訳で今回のテーマは「キッチンの引き出しの掃除はこうする!」でした。