収納を完璧にしたいならどうする?

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「収納を完璧にしたいならどうする?」です。




収納を完璧にしたいなら

こういった声を受けました。

「どう工夫したり知恵を絞っても収納が上手に出来ません。手を抜いたり怠ける気は毛頭ないのですが。物をどんどん減らしたのですがそれでもなかなか思う様にいかないのです。何度もあきらめかけましたがやはりここで投げ出すのも惜しいですし何とかならないものでしょうか。」

との事。

ご本人はかなり悩んでいらっしゃいますね。

掃除は普通にこなしているそうですけど収納はどうしても進まないとか。

早速私の自宅を例にお話ししました。

我が家はどうなっているかと言いますと・・・。

押入れの中は布団、毛布とごく少量の雑貨、数冊の書籍だけでクローゼットは衣類のみです。

キッチンのシンク下は食器、調理器具、洗剤です。

勿論トイレ、洗面所の棚も必要最低限のものしかないです。

どこも見事なまでに余計なモノはまずありません!

第三者から見ればスカスカな状態と言えます。

「それが出来ないからこんなに苦しんでいるんじゃないですか」

と言われましたが確かに私の家の様にいかないから問題なのは分かります。

収納を完璧にするのに特別なスキル、センスは必要ないです!

ましてや手先が器用かどうかなんてまるで関係ありませんので安心してください。

それではどうやってここまでの状況を築き上げたのか。

これについては次章で。

どうしてもはかどらない理由は?

それは当の本人が物を減らしたつもりになっているだけだからです。

本当に必要あるかないか選別出来ていないからなんですね。

これでは進まないのは当たり前だと思いませんか。

まあここまで真剣に考えている以上モノを増やさないように努めているのは私から見ても分かりますが当の本人はまだまだ処分するものは山積みという訳です。

ですからここは心を鬼にしてと言いますか冷静に考え直して選別するしかありません。

でもどうですか。

この選びながら、つまり処分しながら収納を完璧な状態に進めていくのは楽しいではないですか!

育て上げていくのは心が弾むものです。

これは作業を続けていくうちに実感出来るでしょう!

さあこれで!

はかどらない理由は明らかになりましたよね。

それなら未練は無用!

本当に必要なものだけを残します。

ためらいません、ここがポイントなのですから。

迷っている場合ではないですので。

日が経つにつれて見直す事もあるでしょうからその時はすぐ処分するのです。

気持ちがいいものだと感じるでしょう、その頃には!

さあ、これで収納に対する見方は大きく変わったのではないでしょうか。

種を明かせばこんなものですから大袈裟に構えなくていいですね。

この調子で進めてください。

という訳で今回のテーマは「収納を完璧にしたいならどうする?」でした。