捨てる事に専念するとどうなる?

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「捨てる事に専念するとどうなる?」です。




捨てる事に専念すると

当たり前過ぎる事ですが収納がしやすくなります。

私がいつも周囲から感心されるのはここなんですね。

もともと収めるほどのモノの量がないからでしょう。

自然と上手に納まっている状態であるといったところです!

これって得をしていますよね。

収納がどうしてもはかどらないと嘆く前にこの点に着目してみてはいかがでしょうか。

「どうしても進まないんだよね」

「どんなに工夫しても自分には難しい」

「やはりハードルが高いのだな」

などど否定的に考えるよりも捨てる事に専念してください。

必要のないモノを手放すのは楽しいですから!

充実した収納ライフを送る為です。

私もこれを念頭に置いて行動を起こして現在に至ります。

深刻に考えたりしません。

何しろ毎日の生活の事ですから重要ですがかといって構えなくていいのです!

張り合いのある生活が待ち受けているのですから。

収納を順調に進めるならくどい様ですが先ずは捨てる事に着目します。

しつこく感じられましたか?

ここまで読んでくださったあなたはそうは思いませんよね。

その通りです。

この位念を押してちょうどいいのです。

よくよく考えてみれば

よくよく考えたら必要のない物に囲まれながら生活を続けるのもいかがなものでしょう。

捨てる事が収納をスムーズにさせるカギなのですから!

わざわざ自らハードルを高くする必要はありませんよね。

「そうは言っても愛着あるものばかりだし」

「どうしても惜しい」

「どう考えても手放すのは」

と考えているだけで解決しないのはもう体験済みでしょう。

けど吟味するセンスを磨く機会だと考え直してみては!

いいチャンスだと思いますよ、収納が行き届いた空間を手にしたいのならば。

これを成功させた人は皆、口を揃えて言います。

「あの時行動してよかった」

「捨てて正解」

「これで楽になれた」

「わざわざ手元に置いておく必要はなかったというもの!」

この様な声ばかりです。

こうなれば勝ち!

さあ、ここまでお読みになられたあなたはもうご理解の筈。

今後は物を買うにもより慎重派に。

つまらない買い物はしなくなるんですね。

浪費とも縁がなくなる事に!

「つい買っちゃったんだよね」

「余りにも価格がお手頃だったんで」

「何だかつい手が出てしまって」

という時代から脱皮出来て安堵するものです。

つまり衝動的にモノを買ってしまうといった事もなくなるというもの。

こうなればもう勝ちじゃないですか。

捨てる事に専念するとこういう副産物も手に入れられる訳です!

想定外では。

毎日の事ですから1年に直すとかなりの出費を抑えられますね。

余分なモノは増えない訳ですし今までの暮らしを改める契機に!

という訳で今回のテーマは「捨てる事に専念するとどうなる?」でした。