朝活に掃除を取り入れるメリット

掃除収納.comのかおりです。

本日のテーマは「朝活に掃除を取り入れるメリット」です。




朝活に掃除を取り入れるメリットはこんなに!

何と言いましても午後の時間を有効に使える事でしょう。

午前中に掃除を終わらせてしまえば当然ですよね。

ちなみに私は起床して洗面を済ませてすぐに掃除に取りかかります。

先ずはリビング。

照明器具やエアコン、カーテンレールやテレビ、パソコン、家具の上などのホコリをハンディモップで取り払ってからちゃぶ台の上、窓や窓枠も磨きます。

それから床をほうきとちりとりで。

そしてトイレ掃除です。

各部屋は勿論、浴室やキッチン、家具、洗面所、玄関も進めます。

冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機内外、洗濯機パン、エアコン、換気扇のフィルターは決めた日に。

こうして書いてみますと重労働に感じられるかも知れませんが毎日がこの調子ですからむしろ気持ちがいいものです!

一連の掃除を終えてからいよいよ朝食です。

一層美味しく食べられます。

体は動かした訳ですし掃除が行き届いた空間ですから尚更なんですね。

それに夏なら涼しい時間帯ですし、真冬なら身体が温まりますのでしやすいというもの。

「なら春や秋は?」

と思いましたか?

いい質問ですね。

季節に関係ありません。

とにかく朝活の一環です。

快適な一日の始まりは掃除から!

時間が限られているなら

会社員やパートなどお勤めに出ていらっしゃる方なら朝の時間は限られていますね。

勿論私が前章でお話しした通りまではしろとは言いませんので安心してください。

この場合はリビング、トイレだけでもいいでしょう。

出来る箇所が多いに越した事はないですけれど最低でもこの2ヶ所はします。

これだけでもいい朝を迎えられたと感じる筈です!

時間的にも大した問題ではありませんしそれでもと言うなら少々早起きすればいいだけですから。

出来ない理由なんてないですね、こう考えれば!

ところで夜勤に従事している場合は?

さて警備業や製造業とか昼夜交代制などで夜勤にお勤めの方の場合はどうしましょう。

勤務を終えて午前10時頃に帰宅したとしても入浴や食事を済ませてスマホやパソコンをなんていううちにすぐお昼近くになってしまいます。

かと言いまして自宅に着いてすぐという訳にもいきませんよね。

こういう場合は軽く一息入れてから掃除を始めればいいのです。

30分以内がベストで、それ以上時間を超えないほうがやる気も起きやすいでしょう。

夜勤明けの方々は帰宅してすぐに就寝という例も多いのは分かりますが寝る前に終えればより睡眠の質も高まります!

出来る理由はいくらでも自分で考え出せるものです。

いずれにしましても朝活に掃除をするのはこんなに得だとお分かり頂けたと思います。

という訳で今回のテーマは「朝活に掃除を取り入れるメリット」でした。